弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう

B型肝炎訴訟の請求手続きを弁護士がサポート!

B型肝炎訴訟は厚労省も責任を認めました

子供時代に予防接種を受けた時、注射器を連続使用されたことが元でB型肝炎ウイルスに感染した人に関して、厚労省は責任を認めて、給付金を支払うことになりました。

給付金を支給するに際しては、集団予防接種等で感染したのかどうかを裁判で見極めるために、訴訟という手続きをとることが必要なのです。 B型肝炎ウイルスに感染する原因には、ほかにも、たとえばB型肝炎ウイルスに感染した人からの輸血や、母子感染なども可能性としては考えられるのです。

そこで、裁判を通じて感染プロセスが注射器の連続使用であることを確認する必要が出てきたわけです。

B型肝炎訴訟については弁護士に相談し、手続きすることで給付金を得ることができます。

B型肝炎訴訟の負担を軽くする

きっとB型肝炎訴訟をするとなれば、すでに病気を発症している人もいるため、体力的な負担や精神的な負担もあると考えられます。その場合にはB型肝炎訴訟の負担を軽くするためにも、ぜひ弁護士を通して済ませる様にしましょう。

B型肝炎訴訟については、平日に裁判所に行って手続きをしないといけない事もあります。仕事をしている人であれば、なおさら負担は大きいと感じる事でしょう。B型肝炎訴訟は自分だけで行うという事は不可能ではない様ですが、実際に行ってみると、かなり大変だと感じる事もある様です。できるだけプロフェッショナルである弁護士を頼った上でB型肝炎訴訟をする事を検討してみましょう。

予防接種で感染した場合のB型肝炎訴訟

我が国では昭和63年まで、集団予防接種で注射針の使い回しがおこなわれていました。そのため、一定の地域に集団でB型肝炎感染者が発生することがあります。

こうした場合、集団予防接種で感染したことは明らかと見られますので、B型肝炎訴訟をしましょう。被害者であることは、当然ながらすぐ認められますし、補償もなされます。医療も受けやすくなります。

B型肝炎ウイルスに感染した被害者は、40万人以上いるとされています。補償システムが整備されていますので、それほど煩雑な手続きも必要ありません。感染がわかったら、B型肝炎訴訟をしましょう。

B型肝炎訴訟を起こす時にかかる費用について

B型肝炎訴訟を起こす時にかかる費用にはどういったものがあるのでしょうか?まずは弁護士依頼するのかしないのかにもよって全く異なってきます。

ただし弁護士費用については和解が成立した場合には依頼費用の4パーセントは返ってきますので、思っているよりも安い価格で抑えることができるかと思います。

意外と費用がかかるのが印紙代で、こちらは症状によって異なってくるのですが、死亡・肝がん・肝硬変で12万円、慢性B型肝炎で5万9千円ほどかかります。また裁判へ印紙を輸送する代金もかかります。その費用は裁判所によって異なってきますが、平均6000円くらいと言われています。

B型肝炎訴訟の権利を持っている人

B型肝炎訴訟の権利を持っている人は大きく分けて2パターンです。一つ目は一次感染者と呼ばれる人です。それに当てはまるのがある一定期間の間に予防接種を受けたことがある人か、満7歳未満で受けたことがある人、母子感染が原因ではない人や他の原因がないという条件を満たす人が訴訟を起こす権利を持っています。

それ以外でも二次感染者と呼ばれる人も訴訟を起こす権利を持っており、こちらは一次感染者の要件を満たす母親がいること、他の要因が見当たらない人が該当します。つまりB型肝炎に集団感染してしまった母親がいる子供が対象者ということになります。

B型肝炎訴訟と集団感染までの経緯について

B型肝炎訴訟について今の若い人は知らないのではないでしょうか?

こちらは昭和23年から昭和63年の間に予防接種を受けた人がB型肝炎に集団でかかってしまったことに対して、保証金を国から支給されるように訴訟を起こしたものです。

なぜこういった集団感染が起こってしまったのかというと、予防接種をする際に(主にツベルクリンと言われている)、通常であれば一人一人に実施する際にその都度注射器を新しいものに取り替えて注射をするのですが、病院側が経費削減のため何人もの人に対して同じ注射で施術を行ったことから集団感染につながってしまいました。

B型肝炎給付金に関する記事