弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう

B型肝炎訴訟の請求手続きを弁護士がサポート!

TOP B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟弁護士 B型肝炎の訴訟費用と感染経路について

訴訟費用と感染経路についての目次

  1. B型肝炎の訴訟費用と感染経路について
  2. B型肝炎訴訟における給付金請求のための検査費用
  3. 必要書類とB型肝炎給付金
  4. 至急B型肝炎給付金を受け取りましょう
  5. 予防接種で慢性肝炎になっていたらB型肝炎訴訟を
  6. B型肝炎訴訟は本当に勝てるの?
  7. B型肝炎訴訟を起こすための書類
  8. B型肝炎訴訟と給付金支給までの流れについて
  9. B型肝炎訴訟の詳細と弁護士の情報
  10. B型肝炎訴訟給付金について
  11. B型肝炎かもしれない可能性
  12. B型肝炎訴訟による給付金の概要と仕組みについて
  13. 適切な治療を受けるためにもB型肝炎訴訟しよう
  14. 基礎知識をつけておきたいB型肝炎
  15. 日本におけるB型肝炎訴訟
  16. B型肝炎訴訟 の和解成立後に給付金支給
  17. B型肝炎給付金は対象者への支援

B型肝炎の訴訟費用と感染経路について

B型肝炎の訴訟費用は、感染経路によっても違います。

経路が複雑であればあるほど、B型肝炎の訴訟費用は高くなります。

感染経路が単純であればあるほど、証拠が集めやすくなるため、B型肝炎の訴訟費用も安くなってきます。感染経路はかなり重要なものです。そうした経路をはっきりしているか否かということは、非常に重要であり、そうした経路を調べるという面で調査費用も少なくなりますし、しっかりとした裁判を行うことができるようになります。

証拠が多ければ多いほど、裁判では有利になりますし、B型肝炎の裁判でも有利になってきます。

B型肝炎訴訟における給付金請求のための検査費用

国が行なった集団予防接種などでの、注射器の使いまわしによるB型肝炎の感染に対して、B型肝炎訴訟の患者または家族に給付金が支払われます。請求するにあたっては、国に対して訴訟を起こし、和解する流れで進められます。必要書類も用意しなければなりません。

母子手帳などを確認して、満7歳までに集団予防接種を受けたこと、母子感染ではないことなどを証明できるものを揃えると同時に、B型肝炎に感染していることを証明しなければなりません。給付金が支払われた場合には、病院に支払った検査費用は全て上乗せして支払ってくれます。

B型肝炎給付金に関する記事

必要書類とB型肝炎給付金

訴訟が必要となるB型肝炎給付金の受け取りですが、それには書類が必要になる事が予想されます。弁護士はB型肝炎給付金を受け取る事ができるまで、いろんなお手伝いをしてくれます。

また、B型肝炎給付金に向けて必要となる書類は弁護士が丁寧に説明してくれるでしょう。しかし、実際に書類を探すのは自分で行う必要があります。ですので、B型肝炎給付金を受け取るまでに一番大変な事と言えば、書類を用意する作業でしょう。

しかし、中には探しても見つからない事も少なくありません。というのも、B型肝炎給付金は、何十年も前にさかのぼる事になります。書類がないと思われるケースについても弁護士相談から解決に至るケースもあります。

至急B型肝炎給付金を受け取りましょう

B型肝炎給付金とは、集団予防接種が原因でB型肝炎に感染してしまった患者さんが国から受け取ることができるものです。

病態に応じて50万円~3600万円まで金額が決められており、たとえばB型肝炎によって死亡してしまったり、重い肝硬変を発症してしまったような場合は、最高額の3600万円が支給されるので、泣き寝入りすることなく至急B型肝炎訴訟を起こして、B型肝炎給付金をもらう手続きを進めると良いでしょう。

国を相手に訴訟を起こすというのは大変なように感じるかもしれませんが、専門の弁護士事務所を通して行えば問題はないでしょう。

予防接種で慢性肝炎になっていたらB型肝炎訴訟を

もし、B型の慢性肝炎になっていたとしたら、それは、満7歳までの集団予防接種が原因である可能性があります。

日本では昭和63年まで、集団予防接種において、注射針や注射器の使い回しがおこなわれていました。そのため、ごく狭い地域に感染者が集中するなどの状況が起きています。これは集団予防接種が原因である可能性が高く、感染者にはB型肝炎給付金という補償がなされています。

ただ給付金を受け取るには、B型肝炎訴訟を起こす必要があります。集団予防接種が原因であると認定される必要があるからです。

B型肝炎訴訟は、国を相手にした国家賠償請求訴訟を起こし、国と和解するという流れになります。

B型肝炎訴訟は本当に勝てるの?

B型肝炎訴訟を起こしてみたは良いけれど、ただお金と時間だけかかって、保証金をもらうことができなかったとなってしまったら訴訟を起こした意味が全くありません。ではB型肝炎訴訟の勝率はどれくらいなのでしょうか?

基本的にB型肝炎にかかっている人が負ける事はほとんどありません。どうしてかというと、病院・国側が訴訟に勝利するためには「このB型肝炎はうちの病院のせいではない・集団注射が原因ではない・うちでは集団注射をしていなかった」ということを証明しなければならないからです。そしてこれを証明する事は非常に難しいです。そのためほとんどの場合は勝訴するといわれています。

B型肝炎訴訟を起こすための書類

B型肝炎訴訟を起こすためには自分が集団感染によってB型肝炎にかかったことを証明するための書類の提出が求められます。

訴訟ではそれらの書類に従って、様々な判断をするため非常に重要になってきます。しかし全ての書類を問題なくそろえることができない場合もあります。

①母子手帳がない場合…この場合には市役所で保管している予防接種台帳が代わりになります。②母子手帳も、予防接種台帳もない場合…実は予防接種台帳に関しては保管が義務付けされている訳ではないので、ない市役所もあります。その場合には医師による接種痕の診断がおりればそちらが証明になります。

B型肝炎訴訟と給付金支給までの流れについて

B型肝炎訴訟の流れについてご紹介します。まずは本当に自分が対象者として認められるだけの項目を満たしているかを確認する必要があり、ここで血液検査や、その他検査を最初に行います。(ここで対象者かどうかわかることが多いようです)

そこで対象者だとわかったら裁判所で提訴します。裁判所からは本当に項目を満たしているのかなど様々な観点から判断がされます。訴訟が完了したら和解になり、和解が済んだらようやく給付金支給といった流れになります。

全て完了するまでに1年ほどみておくことをオススメします。半年で終わってしまう人もいますが、長めに余裕をもっていて間違いはありません。

B型肝炎訴訟の詳細と弁護士の情報

B型肝炎訴訟をおこなっていくに当たり、まず国に対してアクションを取っていかなればいけません。それには裁判所を通すこととなりますので、面倒な処置や手続きをしなければいけなくなります。しかしながら、あくまでも基本合意となりますので、内容としては条件に当てはまるかどうかを確認して、当てはまる人には給付金が支払われていく流れになっています。

給付金の金額については、被害状況や体調の状態によって違ってきます。弁護士費用のことを考えると、依頼すると高い金額を請求されるのではないかと懸念してしまう方もいらっしゃるようです。悩んでいる場合は、まずは弁護士サイトに掲載されている相場の状況だったり、B型肝炎訴訟の事例情報などを確認してみましょう。

B型肝炎訴訟給付金について

B型肝炎訴訟は、小中学生の時に予防接種が原因でウィルスに感染した方々を救済する制度です。予め条件や要件が決まっていますので、厚生労働省のHPや弁護士事務所のHPなどを参考にご確認ください。

条件や要件にあてはまる場合には、給付金(最高で3000万円)を受け取ることができます。ただ、給付金を受け取るためには、国に対して訴訟を提起する必要があります。そして、期限が決まっていますので、早急の対応が必要です。あなたも、B型肝炎かもしれません。まずは、検査をしてみてください。保健所や病院でも簡単にできます。

B型肝炎かもしれない可能性

B型肝炎訴訟は、小中学校時代の予防接種の際に、B型肝炎に感染した方々を救済する制度です。全国では、被害者は、40万人以上と推定されていますが、未だ多くの方が検査を受けていない状況です。

あなたは、小中学生時代に予防接種を受けていますか。もし、受けているならば、給付金の対象となっているかもしれません。保健所で検査をしてみましょう。現在感染していなくても、チャンスはあります。もし、対象となったら、国に対して訴訟を提起する必要があります。また、給付金を受け取るためには、期限があります。是非とも、早めに検査を受けてみてください。

B型肝炎訴訟による給付金の概要と仕組みについて

B型肝炎訴訟の給付金の請求は、国に損害賠償を求める訴訟を提起する形式で行います。B型肝炎訴訟により国との和解が成立した人に対して、病状に応じてあらかじめ定められた給付金等が支払われます。

B型肝炎ウイルスの感染が原因で亡くなってしまった人は、相続人が手続きをすることで、給付金を受け取れる可能性があります。訴訟に必要な書類はさまざまで、例えば医療カルテは重要な証拠資料になりますが、個人での収集は難しいものです。そこで、専門家に間に入ってもらうことで、カルテの存在の確認から内容の精査、過去のカルテの捜索までを確実にすることができます。

適切な治療を受けるためにもB型肝炎訴訟しよう

世の中にはさまざまな病気があり、中には治療法が確立しておらず、不治の病とされるものも存在します。しかし、B型肝炎をはじめとしたウイルス性の肝炎は、完治及びコントロールすることが可能な病気です。

肝臓は沈黙の臓器とも言われ、重症化するまで自覚症状が表れないことも珍しくありません。そのため、診断を受け、早期発見することが重要となります。

また、B型肝炎患者のうち、集団予防接種を受けてウイルス感染したという方は、B型肝炎訴訟を起こせば病態に合わせた額の給付金を受け取ることができます。

こうした制度を利用しながら、適切な治療を受けて早期回復を目指しましょう。

基礎知識をつけておきたいB型肝炎

B型肝炎はウイルス性肝炎の一つです。
日本では、保有者は150万人程度と言われています。

大部分は自然治癒すると言われていますが、少数は肝炎を発症し、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんへ進行することがあります。

血液を介して感染するため、従来検査体制が確立されていない時期に輸血を介して母子感染で感染した方がいます。感染予防策は注射器を共用しない、性交渉時にコンドームを装着するといったことが必要です。近年では正しい知識が広まったことで感染は少なくなっています。

B型肝炎は国にB型肝炎訴訟を起こし、争うことにより給付金を受け取ることができる救済制度があります。

日本におけるB型肝炎訴訟

日本においては法律に則って予防接種等が行われてきました。その際に注射器の使い回しによって40万人以上の国民がB型肝炎に感染してしまいました。そのため将来的な発症の不安や実際に慢性肝炎、肝硬変、肝癌などの発病に悩まされたため、これらの被害者たちが国へ法的措置に対する損害賠償を求めた訴訟が、全国B型肝炎訴訟です。

2011年6月に国を代表し、内閣総理大臣が謝罪することで基本合意が国と原告及び弁護団の間で調印されて成立し、今に至りこととなりました。

今もB型肝炎給付金申請は可能ですので、昭和16年7月2日以降に生まれ、B型肝炎ウイルスに持続感染している集団予防接種を受けたことがある方が対象となっています。

B型肝炎訴訟 の和解成立後に給付金支給

昭和23年から昭和63年までの期間に集団予防接種などを受けた際に、注射器を交換せずに使用を続けたことが原因で、B型肝炎ウイルスを持続感染をした方達が、国内に40万人以上とされています。

B型肝炎に感染をした方達が原告となり、国に対して訴訟を起こしましたが、平成23年6月23日に基本合意を終結し、国が責任を認めたので現在は和解しています。

7歳までに集団予防接種などを受けた方で、B型肝炎ウイルス持続して感染された方(一次感染者)と、一次感染者である母親からの母子感染が原因で持続感染をされた方(2次感染者)が、給付金の支給対象者になります。

給付金請求の期限は、平成24年から平成29年1月12日までで、金額はその方の症状によって違います。 裁判をする必要がある為、ご自分が該当するか事前に確認が必要です。

B型肝炎給付金は対象者への支援

B型肝炎給付金制度が成立してから、7年が経過しようとしています。医療行為が原因とみられるこのB型肝炎ウィルス感染は、死に至る感染、肝硬変、肝がん等になるなど大変な問題です。

対象者本人、家族や遺族への積極的な支援が必要です。これらの問題については、法律の専門家として対処方法や解決策をアドバイスする弁護士等が有効な手立てとなっています。

何故なら、B肝炎給付金制度の申請や病院などの資料記録の収集作業は複雑、難関だからです。

また、当事者や家族、遺族では健康上の理由があったり、偏見や差別等にも不安があります。積極的に弁護士、弁護士事務所の支援情報をチェックしておきましょう。

メニュー

弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しようTOP B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟弁護士 過払い請求 過払い大阪 交通事故相談 交通事故弁護士 離婚相談 美容外科

"弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう"では、給付金を受け取るためのB型肝炎訴訟や対応する弁護士事務所・法律事務所についての情報を紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらから。大阪の弁護士や司法書士が扱う過払い請求、大阪の交通事故弁護士に依頼する保険会社との慰謝料交渉についての交通事故相談の情報も是非ご覧ください。