弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう

B型肝炎訴訟の請求手続きを弁護士がサポート!

債務整理などの借金相談で多い過払い請求

債務整理などの借金相談は、この分野に強い弁護士に依頼するのがベストです。ただし過払い金は借金完済から10年を時効としているため、まずは払い過ぎているかどうかを確認し、早めに請求手続きを行うべきです。その際、必要になる弁護士費用ですが、事務所によって異なり、支払い方法も様々です。

手元にまとまった資金がない場合は、報酬と着手金が後払いになっている事務所を選ぶと便利です。報酬金には解決報酬の他に過払い金報酬があり、これは通常、取り戻せた金額の2割前後となっています。尚、これらは分割払いが可能なこともあります。

借金相談の際には過払い金がないかも確認

いくつもの業者からそれぞれ借金をする多重債務の状態となると、借金の返済が滞りがちとなり、返済計画の見通しを立てることが難しくなります。

そんなときには早めに弁護士などに借金相談を行い、債務整理や支払いの猶予などについてのアドバイスを受けましょう。また、借金相談と同時に、過去に上限利息以上の金利で借金を行っている場合には過払い金請求ができないかも確認しておきましょう。

なお、過払い金の請求は、弁護士はもちろんのこと、司法書士に依頼することも可能です。ただし、金額が140万円を超える場合には司法書士は法律的に代行できない点には注意が必要です。

債務整理などの借金問題はここ。過払い請求、自己破産、任意整理について。

借金相談と過払い金請求はセットで

消費者金融などのさまざまな業者から多くの借金を抱え、返済が行き詰まりそうになったときには、借金相談を行って、債務の一本化や債務整理など、できるだけ早めに手を打つことが重要です。また、以前から借金を抱えている場合には、利息制限法を超える高い金利に基づいて利息を支払っていることもあります。

この場合には、業者に対して返還請求を行い、過払い金を取り戻すことも可能です。なお、過払い金請求は個人で行うことも可能ですが、手続に不慣れな場合には弁護士や司法書士に依頼して、自分の代わりに返還請求を行ってもらうことも一案です。

債務整理や借金相談を利用した時に過払いが発生している事が分かる

弁護士事務所や司法書士が在籍している事務所の中には債務整理や過払い金の相談を行う事が出来る、無料の借金相談を実施している事務所が多くあります。借金問題は自分で抱えてしまうと事態を悪くしてしまう、催促などにより日常の生活にも支障を来たす事からも、早めに専門家への相談を行う事をお勧めします。

借金相談をする時には事実をすべて話す事が大切です。これにより、借金問題を解決する糸口を見つけて貰う事が出来ますし、借金に払い過ぎた利息でもある過払い金が含まれている場合には、借金を減らす効果にも繋がるからです。

借金相談をして過払い金を返還してもらう

生活費が足りなくなってしまったときに、消費者金融からカードローンで借金をする方は多いですが、たくさん借り過ぎて返済していくことが難しくなってしまったときに、借金問題に詳しい弁護士や司法書士に借金相談をして法律に基づいて借金を整理する必要があります。

債務整理の手続きには任意整理だけでなく、民事再生、特定調停、自己破産といった4種類の手続が存在します。そして、返済中の債務や、すでに支払い済みの債務に対しても、払い過ぎていた利息を返還してもらう請求をすることが可能な過払い金返還請求という方法もあります。

過払いや借金相談に関する説明

借金相談は金融機関などに対する債務整理を相談することで、主に借り入れたお金の返済が困難になっている人や、金利の高い機関から借り入れを行なっている人を対象にして行なわれています。

これらの対策は金融や法律の専門的な知識が必要になるので、弁護士などの法律に関する専門職が行なうことが多いです。具体的な内容としては違法な取立てや返済をやめさせる事や、過払いなど金利面での不当な扱いの是正対策等が行われます。

人により返済が出来なくなった理由や財政上の事情は異なるので、借金相談により得られる結果は一概には言えませんが、いずれの場合にしても早い段階での対策が必要になります。

過払いに関する記事