弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう

B型肝炎訴訟の請求手続きを弁護士がサポート!

交通事故相談は保険会社以外にもあります。

不運にも交通事故に巻き込まれてしまった場合、保険会社に交通事故相談をするのが一般的ですが相手が保険に入っていなかったりひき逃げであったりと様々なケースがあります。どこに相談したらよいか迷った場合、交通事故被害者ホットラインというのがあります。

独立行政法人自動車事故対策機構が運営しており全国に支所があります。弁護士を紹介してほしい、示談が進まなくて困っている等から保険会社に対応してもらったが過失割合が納得がいかない、後遺症が残ったがどうしたらいいかどこに相談したらよいのか等、様々なケースに応じて相談に乗ってくれるので困ったときには相談してみることをお薦めします。

初心者だからこそ必要な交通事故相談

交通事故を専門に扱う法律事務所の多くが、無料で交通事故相談を受けています。交通事故の被害者は、交通事故の手続や流れなどの全般について、まったくの初心者です。初心者だからこそ、事故直後から交通事故相談をする必要があります。

右も左もわからない中で、日々、損害賠償をせずに済む方法を研究している任意保険会社の担当者と向き合っていかなければならないわけです。やがては示談をすることになりますが、まったくの素人と、プロ中のプロとの交渉となりますから、結果は目に見えています。妥当な賠償を得るためには、弁護士の力が必要です。

交通事故の慰謝料の相談と弁護士の対応

交通事故の慰謝料の相場をチェックしたい場合には、各地の信頼度の高い法律事務所の資料を請求することにより、初心者であってもすぐに役立つ知識を身に着けることが可能となります。

最近では、交通事故の相談の対応に定評のある事務所の選び方について、多くの消費者の間で注目が集まっていますが、弁護士などのプロのスタッフの活躍ぶりを定期的に確認することがおすすめです。

そして、交通事故慰謝料の請求のタイミングについて迷っていることがあれば、プロのスタッフから助言を受けることによって、何時でも適切な対処をすることができます。

交通事故にあってしまったら交通事故相談

自分が事故に合うことを普段から考えて生きている人はいないと思いますが、道を歩いている人であれば誰でも合う可能性がないと言えません。もしあってしまった時のために一体どのような費用を請求できるのかを知っておきましょう。

①治療費・通院費②休業損害が一般的に請求できる費用です。もし後遺症が認められた場合には③後遺障害慰謝料④逸失利益などが認められます。これらの費用については保険会社や、怪我の程度によって全く変わってきます。

基本的には保険会社はこちらの希望よりも低い金額を提示してきます。そこで泣き寝入りするのではなく交通事故相談などに相談してみると全く違う結果になるかもしれません。

交通事故相談に強い弁護士を探そう

交通事故の被害者となってしまった場合、何度も体験するようなものではないので、どのように交渉を進めていけばよいのか、よくわからない、という方が大半を占めることでしょう。交渉をするのは加害者本人ではなく、保険会社というプロになるので、うまく丸め込まれ、本来であれば受けられるべき補償が、きちんと受けられなくなってしまうケースも少なくありません。

そういったことにならないためにも、交通事故相談へ行き、交通事故の交渉を得意としている弁護士にアドバイスを受けましょう。こじれるようならば、弁護士費用を支払っても代理人となってもらうほうが賢明です。

裁判を起こす場合にもまずは交通事故相談所へ

もし加害者の人との話合いが上手くいかずに、裁判・もしくは調停になってしまいそうという場合には早めに手配をしておくことが大切です。本来加害者の人とこじれてしまう前に弁護士などに交通事故相談するのが一番いいのですが、裁判になった場合には手続きが複雑ということもあり、間に入ってもらうことをオススメします。

ただ「裁判をする費用がない」という人も中にはいるかと思います。そういった際には諦めてしまう前に自分が自賠責保険に入っているかどうか確認してください。もし入っているのであれば被害者請求という制度を使って120万円まででしたらかかった費用を請求することができます。

交通事故相談に関する記事