弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう

B型肝炎訴訟の請求手続きを弁護士がサポート!

TOP B型肝炎訴訟の相談を弁護士にするメリット

B型肝炎訴訟相談の目次

  1. B型肝炎訴訟の相談を弁護士にするメリット
  2. B型肝炎訴訟と検出ウイルスの関係性
  3. B型肝炎訴訟で判明した大人から赤ちゃんへの感染
  4. 肝炎訴訟において必要な書類
  5. B型肝炎訴訟の感染は輸血ではなく集団予防接種
  6. B型肝炎訴訟をするなら弁護士に依頼
  7. B型肝炎訴訟の内容と給付金の金額について
  8. B型肝炎訴訟制度の特徴は
  9. 専門の弁護士によるサポートとB型肝炎訴訟の詳細
  10. B型肝炎と国の救済制度について
  11. 条件によってB型肝炎訴訟で給付金を受けられる
  12. B型肝炎訴訟で話題のB型肝炎ウイルス
  13. 原因と対策を行うB型肝炎
  14. 集団予防接種が事の発端となったB型肝炎訴訟
  15. B型肝炎訴訟に関する出来事
  16. 覚えておきたいB型肝炎に関する簡単な知識

B型肝炎訴訟の相談を弁護士にするメリット

通常は、裁判の手続きというのは面倒に感じられる事が出てきたり、また自分だけではどの様に対処していいのか分からない事が出てきたりと、自分でやってみると厄介に感じられる事もあるかもしれませんね。そこに、B型肝炎訴訟の相談を弁護士にする事メリットがあるでしょう。

B型肝炎訴訟は自分で行う事も全く不可能ではありませんが、代行してくれる弁護士に頼むだけで彼らが話を前に進めてくれます。依頼者は不安や煩わしさをあまり感じる事なく、すべて終えられるかもしれません。

B型肝炎訴訟のすべてを行う時間がない人や、知識が足りないと感じている人は、弁護士の力を借りながら行う人もいます。

B型肝炎訴訟と検出ウイルスの関係性

現在おこなわれているB型肝炎訴訟の結果、各人から検出されるB型肝炎ウイルスの総量や状態、つまり病態によって、その病態に合わせた給付金が支給されるようになりました。

この給付金は厚生労働省を始めとした国から支払われるものであり、最低でも数十万円、最高だと数千万円もの額が支払われています。

またB型肝炎訴訟において、どうしてこれだけ大量のB型肝炎の感染者が出るようになったのかも判明しました。

B型肝炎の感染経路は血液感染であり、かつて日本の病院内で注射器の使い回しがおこなわれていたために、これだけ爆発的に感染が広まったのです。

B型肝炎給付金請求手続きに関する記事

B型肝炎訴訟で判明した大人から赤ちゃんへの感染

現在数多くおこなわれているB型肝炎訴訟で分かったことは、B型肝炎は血液感染や母子感染をするということであり、すなわち母親である大人の女性のお腹のなかにいる赤ちゃんにも感染してしまうということです。

B型肝炎は血液感染しますが、それでもこのようなB型肝炎訴訟で大きく取り上げられるほど爆発的な感染は極めて珍しいです。そこには自然発生的な原因があるわけではなく、かつての病院内の医療体制といった、確実な人為的要因が存在します。

いまから半世紀以上前のかつての医療現場において、一つの注射器を何回も使い回すという慣習がありました。その慣習がここまでの感染の拡大につながったのです。

肝炎訴訟において必要な書類

B型肝炎訴訟は国が責任を認めているために、法律事務所を通してB型肝炎訴訟を起こせば、特に大きなトラブルもなく給付金を受け取ることができますが、給付金を受け取るためにはいくつかの書類の提出が求められます。

まずB型肝炎ウイルスに持続感染していることを証明するもの、二つ目に集団予防接種が原因で感染したことを証明するもの、三つ目に集団感染ではないことを証明するもの、そして、その他集団予防接種等以外の感染原因がないことを証明するものです。

また、集団予防接種によって感染した親からの母子感染の場合もそれを証明する書類が求められます。

B型肝炎訴訟の感染は輸血ではなく集団予防接種

B型肝炎訴訟では集団予防接種によるB型肝炎の感染が原因となります。

昭和23年から昭和63年まで国が行っていた予防接種において注射器の使いまわしを行っていたために多くの人がB型肝炎に感染してしまいました。

B型肝炎訴訟では一般的に感染が懸念される輸血によるものと区別され証明されなければいけません。その為には、母子手帳や予防接種を行ったことがわかる書類を揃えることが重要です。見舞金は国に肝炎訴訟を起こし、国が和解に応じることで和解金として支払われます。国は注射器の使いまわしで感染したことを認めていますので必ず和解に応じます。

B型肝炎訴訟をするなら弁護士に依頼

集団予防接種が原因でB型肝炎ウィルスに感染してしまうケースがあります。そうした場合にはB型肝炎訴訟を起こすと給付金を受け取れます。

これは集団予防接種が原因でウィルスに感染し、給付金を受け取る資格があると公的に証明するための手続きです。肝炎訴訟というと面倒なイメージがありますが、実績がある弁護士に依頼すると大変な手続きに手を焼いたりすることはありません。弁護士への依頼費用も保障されるので、検討するといいでしょう。

B型肝炎に感染していると気づいていない人も相当数いるとされています。B型肝炎に発病したりそれが原因で死亡した場合には、肝炎訴訟を起こすことができます。もし心当たりがあるなら、相談してみましょう。

B型肝炎訴訟の内容と給付金の金額について

B型肝炎訴訟をおこなっていくに当たって、まず国に対してアクションを取らなければなりません。裁判所を通さなくてはいけませんので、複雑な処置や手続きがあることが挙げられます。しかしながら、あくまでも基本合意になりますので、条件に当てはまるかどうかを確認され、当てはまる人には給付金が支払われる流れになります。

給付金の金額は、被害状況や体調の状態になります。深刻度が上がっていくほど、給付金の金額も上がっていきます。弁護士費用を考えると、依頼することにためらいがありますが、相場の状況や他の事例情報なども聞くことが可能になります。

B型肝炎訴訟制度の特徴は

特徴としては、1つはB型肝炎訴訟の給付金支給期間は限定的で、B型肝炎特別処置法の効力が5年間と定められており、この期間に請求をしないと無効になってしまいます。

2つめにはすばやい給付で、和解成立後、社会保険診療報酬支払基金に給付金等の支給請求を行えば、和解から約2カ月程度で給付金が支払われます。

3つめの特徴としては、肝炎訴訟に関する手当金補助がでます。訴訟にかかる弁護士費用の一部や、感染者確認における、検査費用及び感染防止のための医療費などが、一部国から支給されます。

4つめは、裁判手続きが簡素化されているのでスピーディーに、解決することが可能です。

専門の弁護士によるサポートとB型肝炎訴訟の詳細

B型肝炎給付金に対しては、専門の弁護士によるサポートがされています。請求をおこなっていく上での必要な手続きなどのアドバイスや、B型肝炎訴訟の準備に至るまで全面的にサポートをされています。

被害者において深刻な病状を抱えたままの手続きは負担が増す形となりますので、国も給付金の割合の4パーセントを弁護士費用の負担として支給をおこなっています。

この給付金については時効期限がありますので、締め切られてしまう前に何としても給付金を受け取るようにしましょう。通常であればしなくていい苦労をされていますので、権利として受け取ることです。

B型肝炎と国の救済制度について

B型肝炎はウイルス性肝炎の一つです。輸血や性行為によって感染する可能性が高い病気です。性行為を行う際は、コンドームを使用することにより、感染を予防することができます。日本では過去に、集団予防接種の際に注射器を連続で使用し、感染が拡大したという事例があります。

現在では医療の進歩と正しい知識が広まり、感染の可能性は少なくなっています。B型肝炎に感染した方は国に訴訟を起こし、裁判で争うことで受けられる救済制度があります。感染の原因が明らかになった場合は国が給付金を支払ってくれるという救済制度があります。

条件によってB型肝炎訴訟で給付金を受けられる

子どもの頃の集団予防接種で、B型肝炎ウイルスに感染してしまった方はB型肝炎訴訟で、国からのB型肝炎給付金を受けることができます。そのためには感染の原因が集団予防接種なのか。因果関係を認めてもらう必要があります。

そこを認めてもらえれば、病態に応じて給付金を最低でも50万円、最大だと3600万円ほど支払われます。また、いくつか条件もありますが、集団予防接種を受けた時期が満7歳までの方や、現在もB型肝炎ウイルスの感染患者であること、集団予防接種を受けた時期が昭和の特定期間であること、集団予防接種以外の感染原因が無いことが条件となります。

B型肝炎訴訟で話題のB型肝炎ウイルス

B型肝炎訴訟で話題のB型肝炎ウイルスについて、詳しくご存知の方はあまり多くないのではないでしょうか。B型肝炎ウイルスは、幼少期に受けた集団予防接種における注射針の使い回しなどによって、多くの方が感染していると推測されるウイルスです。

B型肝炎ウイルスに感染したままでいると、肝硬変や肝がんなどの重篤な病気を引き起こすリスクがあがってしまいます。そのため、B型肝炎ウイルスの検査を受けることを国や地方自治体がおすすめしていて、検査費用がかからないところもありますので、感染していないか調べておくと良いでしょう。

原因と対策を行うB型肝炎

B型肝炎に感染したことがあり治療した経験のある方や、予防接種を受けたか覚えていない方、対象ではないと医師に言われた方、受けた記録が残っていない方でも、弁護士を通してB型肝炎訴訟することで給付金を受け取れる可能性があります。

集団予防接種を昭和16年から63年までに受けた方で、ウイルスに感染した原因が注射器の連続使用の場合はB型肝炎給付金を受け取れます。

他にも集団予防接種以外に感染原因がない方や母親が一時感染者で、B型肝炎ウイルスに母子感染している方なども受け取ることができ、家族が感染していたけれど亡くなっている場合でも受け取れるかもしれないので、詳細に話すと良いでしょう。

集団予防接種が事の発端となったB型肝炎訴訟

B型肝炎訴訟は、乳幼児期に受けた集団予防接種で、注射器の連続使用が原因でB型肝炎に感染した人々が、国に賠償を求めた集団訴訟のことです。

2011年6月、国との和解へ向けた基本合意がなされ、2022年1月まで給付金の請求期限を延長する法律が成立しています。

集団予防接種は、1988年まで約40年間続きました。
医療行為が原因となる医療病と言われています。

250万人とも言われているウィルス性肝炎の患者など、潜在的な問題点も多いです。全国B型肝炎訴訟原告団等が医療助成制度の創設を目指しています。

国がウィルス検査の実施を呼びかけていますが、認知度は低いのが現状です。

B型肝炎訴訟に関する出来事

集団予防接種等で、注射針または注射筒を複数患者に使いまわしたことが原因で発生したB型肝炎の感染を受けて、被害者や被害者家族が起こした訴訟をB型肝炎訴訟と呼びます。

昭和の特定期間中に起こった問題で現在も注目されており、注射針の連続使用を避けるために昭和33年から、注射筒の連続使用を避けるために昭和63年から患者ごとに使い捨てタイプに変えています。

未だB型肝炎に苦しむ被害者は多く国は補償制度として給付金の交付を行なっていますが、中にはこの集団予防接種によるB型肝炎との関連性を認められず、補償が受けられない方もいます。

覚えておきたいB型肝炎に関する簡単な知識

B型肝炎の発症原因は、輸血、性交渉、母子感染とともに予防接種による注射器の連続うち回しによって感染してしまった場合があります。

肝炎には、急性肝炎と慢性肝炎がありますが、いわゆるB型肝炎訴訟給付金訴訟においては、急性肝炎は対象になっていません。
これは、急性肝炎は性交渉による原因が多いことにあります。

急性肝炎か慢性肝炎かどうかは、検査結果の値で判断できますが、1回の検査結果だけでは判断できない場合もあります。そのために再検査が必要になる場合もあります。

「急性肝炎の場合は、今回の給付金の対象にならない」ことは、覚えておきましょう。

メニュー

弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しようTOP B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟弁護士 過払い請求 過払い大阪 交通事故相談 交通事故弁護士 離婚相談 美容外科

"弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう"では、給付金を受け取るためのB型肝炎訴訟や対応する弁護士事務所・法律事務所についての情報を紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらから。大阪の弁護士や司法書士が扱う過払い請求、大阪の交通事故弁護士に依頼する保険会社との慰謝料交渉についての交通事故相談の情報も是非ご覧ください。