弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう

B型肝炎訴訟の請求手続きを弁護士がサポート!

TOP B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟は弁護士へ

肝炎訴訟弁護士の目次

  1. B型肝炎訴訟は弁護士へ
  2. B型肝炎の訴訟で給付金を得るためには弁護士に相談
  3. 感染の有無を確かめ、診断後はB型肝炎訴訟へ
  4. B型肝炎訴訟で判明したかつての医療体制
  5. B型肝炎訴訟を本人訴訟でおこなう
  6. B型肝炎訴訟の和解状況は
  7. これまでのB型肝炎訴訟について
  8. B型肝炎訴訟と感染被害者にとっての給付金制度
  9. B型肝炎訴訟は何を確認されるの?
  10. B型肝炎の正しい知識について
  11. B型肝炎について国の対策
  12. B型肝炎訴訟が起きるいきさつ
  13. 意外と知らないB型肝炎について
  14. 相談してみることが大事なB型肝炎訴訟
  15. B型肝炎訴訟で裁判を起こす

B型肝炎訴訟は弁護士へ

感染原因は一つではなく他にも考えられますが、その中でも集団予防接種を行った事が直接の原因となってB型肝炎を発症している場合には、訴訟を起こして救済してもらう事もできます。

2011年にB型肝炎の被害者が訴訟を行い、国が謝罪するに至っています。基本合意が行われ、他にも該当しB型肝炎の訴訟を希望する人は、できれば被害者の救済を行っている弁護士に対して相談してみるといいでしょう。その際には、いろいろ資料などが必要になる場合もあります。

昔の事ですので処分したり、なくしてしまっているという人もいるかと思います。
その場合でも、諦めないで状況を弁護士に伝えてみてはどうでしょう。

B型肝炎の訴訟で給付金を得るためには弁護士に相談

B型肝炎の訴訟で給付金を得るためには手続きは必要です。一般的に理解できる部分もあるのでこのB型肝炎に関する訴訟に詳しく弁護士に相談したほうがいいです。というのも医療を対象としたものは、その医療的な知識がないと対応できない点もあり、この内容に精通している弁護士であれば、スムーズに解決してくれます。

B型肝炎の症状に至る因果関係がカルテなどの医療記録にしっかり残っていると訴訟を起こすことなく、賠償金の受給のための交渉も即座にできるため、裁判する手間が省ける事もあるのでこのあたりの手続きに精通しているかどうかでその問題解決力が違います。

B型肝炎訴訟を弁護士に相談するならここ。

感染の有無を確かめ、診断後はB型肝炎訴訟へ

B型肝炎訴訟のニュースを耳にしても、人ごとに感じている人は少なくないでしょうが、肝炎は、誰にとっても身近なことです。かつて学校でおこなわれていた集団予防接種では、注射針の使い回しがおこなわれていました。

肝炎は進行が遅いので、気づかずにいるケースは多いのです。その後、自分でも知らないまま誰かに感染させたかもしれませんし、感染させられたかもしれません。

肝炎の検査は、なるべく早くおこない、感染しているとの診断が出たら、B型肝炎訴訟に加わることです。感染させられたことに対する正当な補償を受けるべきです。

B型肝炎訴訟で判明したかつての医療体制

数多くのB型肝炎訴訟ではっきりしたことは、大量のB型肝炎感染患者を生み出した原因が、かつての国内の病院の医療体制にあったことでした。

1948年から1988年の間に実施されていたツベルクリンなどの集団予防接種を例として、かつて病院内では一つの注射器を複数人に使用するという慣習があったのです。B型肝炎訴訟ではその点が議論の焦点となりました。

その裁判の結果、現在、厚生労働省を始めとした国からB型肝炎感染者に対して、病態に応じた給付金が支給されています。また病院に対しても、注射器の使い回しをしないようにという、厳戒な指導が加えられています。

B型肝炎訴訟を本人訴訟でおこなう

本人訴訟というのは、いかなる民事裁判においても可能なことではありますが、相手方に弁護士がいて、主張内容が相いれないような場合は、本人訴訟では不利になることが多いです。しかし、B型肝炎訴訟なら、比較的おこないやすい面があります。

書類をそろえさえすれば、認められて和解に至るという経過となりますので、書類さえ自分で用意できるなら、十分可能なことです。弁護士に依頼しても、B型肝炎給付金の4%までは弁護士費用が出ます。給付金の下限である50万円だとすると2万円となります。

B型肝炎訴訟なら本人でもできますので、どちらでも選択できます。

B型肝炎訴訟の和解状況は

B型肝炎訴訟で和解の期限が決められているので、とても増加傾向にあります。しかしながらほとんどの人が、訴訟を起こせていないのが現状です。

B型肝炎訴訟の適応者が40万と推定されている中で、現状は数万人しか訴訟を起こしていません。対象者ではあるけれども自覚症状がなく、関心が無い方や自分が対象者と知らない方が多く居ます。

自分が対象者なのかどうかは、弁護士に相談をすることで、調べてもらうことができます。基本的には無料相談で着手金などもいらないので、気軽に相談をして対象者であれば、訴訟を起こすようにしてください。

これまでのB型肝炎訴訟について

B型肝炎訴訟は、国に対しておこなって行く訴訟になります。以前に予防接種において使い回された注射器が原因となり、全国でも大勢がB型肝炎に感染してしまいました。そのようなことがあり、感染者の多くが国に対しての訴訟をおこなう事となりました。

これまでには多くの時間はかかりましたが基本的合意が認められ、給付金が支払われるようになりました。最初の訴訟からは15年以上がたち、非常に困難な道のりでありました。給付金には期限が設けられていますので、可能性がある人には弁護士を訪問し、処理を進めていくことがおすすめです。

B型肝炎訴訟と感染被害者にとっての給付金制度

以前、日本全国においての強制的に実施された集団予防接種は、同じ注射器の使いまわしによって起きてしまったB型ウイルスの感染の原因と言われています。

感染被害者にとっての給付金制度は、感染の被害が原因となり現れる多くの病状に対して、該当する本人と家族に対して支払われる制度が定められています。これまで被害者と弁護士が国とB型肝炎訴訟で闘ってきた流れがあり、最高裁判所の判決だったり和解の協議が進められてきた事などの経緯などが存在しています。

現在においては、給付金の支払い対象者となる者とその家族が、訴訟を起こし該当者とみなされると、対応される仕組みになっています。

B型肝炎訴訟は何を確認されるの?

B型肝炎訴訟は裁判所にて様々な判断をされることになるのですが、一体どのようなことを確認されるのか事前にわかっていれば心の準備もできるというものですよね。

まず大事なのは自分が集団感染の被害者だと証明するために書類を提出する必要があります。病院での検査結果や、戸籍謄本や、保険証などを揃える必要があります。何を提出すればいいのかについては厚生労働省などのホームページに詳しく記載されているので、事前に確認しておくといいでしょう。

また訴訟には大体1年ほどかかります。弁護士に依頼していない場合には全ての呼び出しに自分で対応しなければならないため、ある程度自分のスケジュールを管理する必要があります。

B型肝炎の正しい知識について

B型肝炎はウイルス性肝炎の一つです。日本では150万人の保有者がいるといわれています。その内大部分は自然治癒しますが、少数は肝炎となり、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんへ進行することがあります。

感染経路としては、主に血液を介することが多く、一般的によくあるケースとしては母子感染や性感染症があげられ、他にも輸血や臓器移植、針刺し事故や刺青などで起こります。日本では過去に注射器の連続使用による、集団予防接種による感染が起きたという事例があります。B型肝炎は訴訟を起こし、裁判で争うことで国から給付金をもらえる救済制度を受けることができます。

B型肝炎について国の対策

B型肝炎訴訟が日本でも大きな話題となっていました。幼少期に受けていた集団予防接種をしてもらう際に注射器を交換する事無く連続使用した事により、B型肝炎に感染した方々が国に対して損害賠償を請求する事になったからです。

2011年に当時の官総理大臣がこの訴訟に対して国の責任を認めて謝罪し解決に向けて動き出しました。国も今後提訴される方々への解決を含めた対応を図るための特別措置方が施行されています。裁判の結果で法律に則った給付金を支給されます。対象となる方は1948年から40年間のうちに実施された予防接種を受ける際、連続使用された注射器が原因となって感染した方、及びその方から母子感染した方となります。

B型肝炎訴訟が起きるいきさつ

B型肝炎訴訟が世間でも取り上げられていますが、果たしてどのようなものなのでしょうか?まず手始めに、肝臓がんになってしまう原因の9割以上が、B型ないしC型肝炎ウィルスの感染によるものと言われています。

感染経路は血液や体液です。しかしながら、1950年頃から国は危険と知りながらも予防接種で注射器の使い回しを行ったことがありました。そのことからB型肝炎ウィルスの感染者が多くなってしまい、持続患者として肝炎や肝臓がんで亡くなってしまう人が増えてしまいました。当時の国のずさんな公衆衛生行政の被害者が起こした訴訟が、B型肝炎訴訟と言われているのです。

意外と知らないB型肝炎について

B型肝炎ウィルスに感染した方には、国から症状に応じた給付金が支給されます。過去におこなわれた集団予防接種で、注射器が連続使用されたことで感染したもの、家族が感染者、もしくは遺族の方に給付されることになっています。

B型肝炎給付金額は、国との和解により発生します。

B型肝炎訴訟手続きを正しく請求すれば、受け取れる可能性は高くなります。なお、特に自覚症状がない方や予防接種を受けたか定かではない方、3次感染の方も受け取れる可能性がありますので、請求されることをおすすめします。

請求には平成34年1月12日までという期限付きなので、早く調べる必要があります。

相談してみることが大事なB型肝炎訴訟

昨今ではCMなどで良く聞くようになりましたが、B型肝炎はまだまだ解決していない問題です。決まった期間に、一次感染と言って、集団で予防接種を受けた方で感染した場合や、二次感染、つまり、その母体を通して感染した場合などには、B型肝炎訴訟することで、給付金としてくにからお金をもらうことができます。

また、家族にB型肝炎で死亡した人がいる場合も同様です。

これらを明確に証明する必要性はありますが、必要な条件を満たして和解することができればB型肝炎給付金を受け取ることができます。

B型肝炎訴訟で和解することが必要になりますが、今では弁護士事務所などで相談することもできますし、関連する情報も多く、弁護士や法律事務所なら難しいことではないので、相談することが大事です。

B型肝炎訴訟で裁判を起こす

国が実施した集団予防接種が引き金となり、B型肝炎ウイルスに感染してしまった方が大勢います。

大問題ではありますが、すぐに治療して補償金が出れば問題はなかったのですが、B型肝炎ウイルスの厄介な点は症状がすぐに現れる人と、何年たっても症状が現れない人がいることです。そのため、感染者自体が感染していることに気づいていないことがあり、長年放置されていた問題です。

しかし、最近になって感染者たちが集団で裁判を起こして国が非を認めたことで、給付金を受け取ることができるようになりました。これをB型肝炎訴訟と呼び、感染証明を提出できる方は誰でも給付金を受け取ることができるのです。

B型肝炎給付金に関する記事

メニュー

弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しようTOP B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟弁護士 過払い請求 過払い大阪 交通事故相談 交通事故弁護士 離婚相談 美容外科

"弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう"では、給付金を受け取るためのB型肝炎訴訟や対応する弁護士事務所・法律事務所についての情報を紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらから。大阪の弁護士や司法書士が扱う過払い請求、大阪の交通事故弁護士に依頼する保険会社との慰謝料交渉についての交通事故相談の情報も是非ご覧ください。