弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう

B型肝炎訴訟の請求手続きを弁護士がサポート!

頼りにしたいB型肝炎訴訟に詳しい弁護士

過去にB型肝炎訴訟の相談を多く受けて来た弁護士などは、B型肝炎の詳細に関する知識も豊富な場合もあります。

B型肝炎訴訟というのは、国の救済制度に関する事はもちろんですが、病気の症状や給付金請求に必要な書類の事など、いろんな知識が必要になってくるかと思います。中にはB型肝炎訴訟に関する問題ではなく、債務整理や過払い金問題、交通事故の慰謝料、遺産相続に関するトラブルなど、別の問題を得意としている人もいるかと思いますので、相談者自信が弁護士を選びたいですね。

いきなり個人の弁護士事務所を訪れる人もいますし、また無料で行われている説明会などに参加する人もいる様です。被害にあって大変な思いをしている人は、無事に救済してもらえる様に国との和解に向け最善を尽くしたいですね。

弁護士はきっとあなたの問題を無事に解決してくれる事でしょう。

一人で悩んでいるより相談してみることで、前向きに取り組むことができそうですね。着手金を無料にしている法律事務所も増えてきていますので、費用に関してもホームページなどで確認してみてはいかがでしょうか。

期限があるB型肝炎訴訟

いつまでも同じ様にB型肝炎訴訟で給付金が受け取れるのではない様です。実はB型肝炎訴訟をして給付金を受け取るには期限があり超えると受け取る金額が大幅に減ると思われます。

ですので、B型肝炎訴訟をする予定だという人は、期限を超えない様に注意する必要があります。B型肝炎訴訟というのは、かなり前に感染している人が対象となりますので、時間が経つと余計に記憶が曖昧になったり、書類の収集が難しくなる事も予想されます。

また、請求期限を超えそうだというタイミングにおいては、B型肝炎訴訟をする人が増えるだろうと予想している人もいる様です。慌ただしい中で急いで手続きをするのではなくて、早めに余裕をもって開始しておく事をおすすめします。

B型肝炎給付金の仕組みについて知る

複雑で難しいそうだと感じる人も多いB型肝炎給付金ですが、詳しい事については、弁護士事務所のホームページを見ると分かりやすく説明されている事もある様です。中には、B型肝炎給付金を受け取る事ができるかどうかという事を、いくらかの質問に答えるだけで、簡単に該当の可能性を調べる事ができる場合もあります。

もし該当している場合には、B型肝炎給付金について早速相談先の弁護士事務所を探しましょう。また、B型肝炎給付金について専門的な事については、相談先の弁護士が対応してくれる事になるかと思われます。B型肝炎給付金については、受け取る事ができる場合にはあまり放置しない方がいいと考えられます。

赤ちゃんがB型肝炎にかかる原因と感染経路について

B型肝炎のウィルスは非常に感染力が強く、慢性化すると肝硬変や肝臓がんなど命にかかわる病気を発症する恐れがあります。赤ちゃんがB型肝炎にかかってしまう感染経路は、ウィルスを持った母親から分娩時にうつる母子感染や、ウィルスのある血液を輸血、医療現場での針刺し事故、ウィルスを持った人の体液からの感染が挙げられます。

子供の場合は原因不明の場合もあります。B型肝炎になると疲れやすかったり、黄疸が出たりする症状があらわれます。重症化すると、赤ちゃんや子供でも肝硬変や肝臓がんになる可能性があります。B型肝炎はワクチンで予防することができるので積極的な接種が望まれます。

集団ワクチン接種によるB型肝炎訴訟

かつて、集団予防接種でワクチンを注射する際に、注射器を連続使用していました。しかし、それが原因でB型肝炎に感染してしまった患者が推定で40万人近くいると言われています。

国は集団予防接種によるB型肝炎の感染責任を認め、病態に応じて50〜3,600万円の給付金を支給することになりましたが、給付金を受け取るためには国を相手にB型肝炎訴訟を起こさなければなりません。

対象となるのは、昭和16年7月2日から昭和63年1月27日までに生まれた方で、B型肝炎ウイルスに持続感染している方が基本です。

また、B型肝炎訴訟は弁護士事務所を通して行うとスムーズです。

知っておくべきB型肝炎訴訟

昭和23年以降に行われた集団予防接種では、注射器が連続使用され、B型肝炎ウイルスへの感染原因となりました。数多くの感染被害者にとって、国からの救済措置も無いまま、将来的な発祥の不安だけでなく、慢性肝炎、肝硬変、肝がんなどの病気などの苦しみへの損賠賠償を求める裁判がB型肝炎訴訟へ発展しています。

現在では、被害者と弁護団が集団で、国を相手に最高裁判所の判決や和解協議を経てきており、基本合意に基づいた給付金が支給されるようになっています。B型肝炎に苦しむ方のための救済措置ともされており、手順に沿った手続きが必要です。

国に対するB型肝炎訴訟の道のり

B型肝炎訴訟は、国に対しておこなうものになります。予防接種で使い回された注射器が原因で、全国でも多くの人がB型肝炎に感染してしまう事態が起こってしまいました。そのようなことがあり、感染者の多くが国をあいてどり訴訟をおこなう様になりました。

時間はかかりましたが基本的合意が下され、給付金が受け取れるようになりました。最初の訴訟から15年以上の月日が経過し、非常に困難な道のりであったことが伺えます。現在、このB型肝炎の症状で困っている人や、心当たりがある人は該当者である恐れがあります。

給付金には期限がありますので、可能性がある場合には弁護士を訪ね、処理を進めていくことをおすすめします。

給付金を受け取るためのB型肝炎訴訟の内容

B型肝炎訴訟では、期限内に請求するという条件がありますが、B型肝炎給付金を受けられますので、該当すると思われる方はしっかりと請求を行うことが大事です。また、本人だけでなく母子感染してしなった子供や、本人が亡くなってしまった際には相続人がうけとることが可能になります。

対象となる機関においては一次感染者と、母子感染が挙げられますので、詳細をきちんと確認し、請求をおこなうことです。また、不安な点や疑問に思う点などがある場合においては、B型肝炎訴訟を経験している弁護士などに相談してみることをおすすめします。

B型肝炎訴訟にかかる期間は

B型肝炎訴訟は弁護士に相談をしてから訴訟、和解に至るまで一定の期間が必要です。訴訟を起こすには、証拠書類の収集をしなくてはいけません。収集することが出来れば提訴します。

提訴するのは弁護士が全て代理で行ってくれますので、基本的には何も行動をしなくても良いです。和解が成立すれば給付金の受け取りが出来ます。訴訟を起こしてから和解成立まで大体半年から1年くらいです。

給付金は基本的に弁護士事務所に振り込まれることになります。そしてそこから弁護士費用などが除かれた分が、自分の手に戻ってくるような仕組みになっています。