弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう

B型肝炎訴訟の請求手続きを弁護士がサポート!

大阪で過払い請求をした人の実例

長期間借金の返済を続けているという場合、現在は完済しているけれど、過去に借金をしていたという場合には、本来であれば支払う必要のなかったお金を借金の返済時に支払っている可能性があります。手続きをすることにより、払い過ぎたお金を取り戻すことが出来る事があります。その際の手続きのことを過払い請求と言います。

どの程度のお金が戻ってくる可能性があるか分からないという人も多いようですが、大阪や京都で過払い請求を行った人の実話では、100万円以上取り戻したという人もいます。もちろん、全ての人が多額の返金を受けることが出来るとは限りませんが、検討をしてみても良いかもしれません。

過払い請求はまだできます|改正から10年過ぎても請求可能‎

過払い請求には10年という時効の壁があります。利息制限法の改正から10年が過ぎていても、貸金業者と最後に取引をした日から10年が過ぎていなければまだまだ過払い請求の手続きは可能です。

過払いは、貸金業者からお金を借りる際の金利が利息制限法で定められている利率の上限をオーバーしている場合に生じるものです。積極的に手続きをして払い過ぎたお金を取り戻しましょう。過払い請求は、まだその貸金業者に債務が残っている人でも既に完済した人でも手続きが可能です。貸金業者との取引履歴を確認して最後の取引日の日付をチェックしてみましょう。

過払い請求|過払い金の返還期限を理解する

近年テレビでも取り上げられているように、過払い請求が増えています。消費者金融などでお金を借りて返済するときに払い過ぎたお金を法的手続きを経ることで、取り戻すことができるのです。ですが過払い請求には返還期限が存在するのはご存知でしょうか。

最後の取引があってから10年が返還期限と定められており、この期限をすぎると過払い請求はできなくなります。もし消費者金融などでお金を借りた経験があって、過払い分を取り戻そうとお考えでしたら法律相談所に相談することがおすすめです。無料で相談を実施しているところもあるので気軽に行ってみましょう。

かなり前の借金、ひょっとしたら過払い請求できるかもしれません

過払い請求には最後にその貸金業者と取引をした日から10年が経過すると手続きができなくなってしまうという時効の壁があります。ですので、時効が成立する前にかなり前の借金の取引履歴の日付を確認してみることが大切です。

ひょっとしたら過払い請求できるかもしれません。過払いが発生するのは貸金業者との取引にかかる金利が利息制限法で定められている上限の利率よりも高かった場合です。いわゆるグレー金利というものです。過去の取引履歴の日付をチェックしてみましょう。過払いが発生しているかどうかは自分で引き直し計算をして確認することもできます。

過払い金の手続きが可能となる司法書士の条件とは

近年、過払い金請求による案件が増え、少し前には弁護士による過払い金バブルというものがありました。弁護士にとっては、簡単な案件の割に高額な料金の取れる仕事です。それを踏まえて、司法書士に依頼しようとすると、140万円以上であった場合は対応できませんので、140万円以下であることが必須となります。

過払金の調査を無料で行われている事務所もありますので、その様な場所を利用してみることからはじめてみてもいいと思います。大阪や東京などの都市部には多くの法律事務所や、専門機関がありますのでまずは利用してみましょう。

過払い金は借金相談を利用する事で問題解決に繋がります

利息制限法で定められている金利の事を法定金利と言います。

法定金利を超えたものは違法なものであり、貸金業法が改正された際に出資法の上限金利は利息制限法の上限金利に引き下げられ、これと同時に法定金利を超えるものは過払いに値するなどの判決が下されています。

本来支払う必要がない利息を支払い続けている人の中には、高額な利息になっているケースも少なくありません。法律事務所などでは借金相談を無料で行っている所もあり、借金相談を利用する事で過払いになっているのか否か、取り戻せる可能性について教えて貰う事が出来るようになっています。

過払いに関する記事