弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう

B型肝炎訴訟の請求手続きを弁護士がサポート!

B型肝炎治療の費用として給付金を受ける

現在国内にB型肝炎に感染している患者数は110~140万人いると推計されています。この内、昭和23年から昭和63年までの間行われていた集団予防接種等において、注射器を連続使用したことによって感染したと思われる患者数が約40万人いると言われています。

この集団予防接種が原因でB型肝炎に感染した患者とさらに母子感染で子どもにまで感染してしまった患者においては、国が給付金を支給し、治療にかかる費用負担します。

ただし、この給付を受けるには、裁判所において、国家賠償請求訴訟を提起して、給付対象であることを認証してもらう必要があります。

家族のB型肝炎給付金

基本的にB型肝炎給付金の手続きは本人が行う事ができます。ですので、家族にB型肝炎給付金を受け取る事ができる人がいた場合には、ぜひ教えてあげましょう。もし、病気などですべてを行うのが大変な様であれば、家族や弁護士などがサポートする事によって、無事にB型肝炎給付金を受け取る事ができるかと思われます。

しかし、すでにB型肝炎に関する病気により亡くなってしまっている場合には、遺族が本人の代わりにB型肝炎給付金の手続きを行う事ができる様です。B型肝炎給付金を受け取る事ができるという点について認識できていない人も多い様ですので、家族によって気付くきっかけとなる事もあるでしょう。

B型肝炎給付金の請求期限5年延長に関して

B型肝炎給付金の請求には期限があることはご存知でしょうか?

B型肝炎給付金は、昭和23年から昭和63年の間に集団予防接種を受けられた方の中で、注射器の連続使用が原因でB型肝炎ウイルスに感染した方、および、その方から母子感染した方に対して支払われる給付金を指します。

平成24年に施行されたこの法律は当初そこから5年間の期限が、今年の国会でさらに5年延長されることが決定しました。

この請求期限5年延長の背景には、対象者が推定45万人以上とされているのに対し、実際にB型肝炎給付金を受給している人が3万人程度、つまり1%以下であるということが原因であるようです。

訴訟を起こすB型肝炎給付金の流れ

B型肝炎給付金については、B型肝炎訴訟で認められて受け取れる給付金です。

給付金の内容は症状によって大きく変わります。死亡の場合においては3600万円が最大と言われています。この様な不幸なケースにおいて遺族の悲しみは非常に深いと思いますが、このまま何も行わないままで過ごしてしまうと、この様な給付金すら支払われない可能性が高くなりますので、該当すると思う場合については訴訟を起こしてみることです。

弁護士においては、インターネットでしっかりとリサーチを行い、説明会や無料相談ができる法律事務所を探してみましょう。その場合においては、B型肝炎の訴訟経験がある弁護士をリサーチすることです。

B型肝炎給付金の対象者についての詳細

B型肝炎給付金の対象者については、あと何年かで給付金の支払い期限が終わってしまいますので、自分が該当しているかどうかをもう一度確認することです。

該当となる人は昭和63年1月27日まで集団予防接が行われていた生徒や、7才までにツベリクリン反応の検査をうけている方がB型肝炎に感染しているようであれば支給される可能性のものです。またこれが原因になり母親からの母子感染者も対象者になります。

すでに亡くなってしまっている場合においては、その遺族の人に対して対象になります。病状に対して、50万円から3,600万円ほどが支給される決まりになっています。

無症候性キャリアとしてB型肝炎給付金を受け取った場合

B型肝炎にはかかっているが現在症状が出ていない人のことを無症候性キャリアと言いますが、その場合には無症候性キャリアとして、B型肝炎給付金を受け取ることになります。かかってから20年以上たっている人は50万円+定期検査代、20年未満の人は200万円が支給されることになっています。

しかしもし給付金をもらってから症状が出始めてしまった場合には、追加で給付金を請求する事はできるのでしょうか?

実は請求をかけることができますが、B型肝炎給付金を最初に貰うよりも様々な条件がついており、また期限もあるため自分一人で新たに請求をかける事は少し難しいかもしれません。

B型肝炎給付金請求手続きに関する記事