弁護士のサポートでB型肝炎給付金を請求しよう

B型肝炎訴訟の請求手続きを弁護士がサポート!

増加傾向の過払い

過払いはお金が戻ってくるという事ばかりを考えがちですが、デメリットもあります。
きちんと査定してみるまでは本当に過払い金が発生しているのかどうか、また過払い金が発生している場合はいくら発生しているのかわかりません。

また、比較的規模の小さい会社から借金している場合は、その会社の経営状況により過払い金を請求できない場合があります。

過払い金を請求する人は増加傾向にありますので、実際に手元にお金が戻ってくるまでに時間がかかる事があります。

そして、一度過払い請求や債務整理を行った会社から再び借金をする事ができない場合があります。

過払い請求では上限金利がポイントになる?

過払い請求をするときには、上限金利がポイントになります。10万円以上100万円未満なら18%が上限です。100万円以上なら、15%が上限です。100万円以上の借金をしていた人は、金利が18%でも過払い金が発生していることになります。

最初に借りたのが100万円以上なら、返済をすすめて100万円未満になっても上限金利は15%のままです。 大阪ではたくさんの弁護士、司法書士がいますので、まずは相談をしてみましょう。いくつかの法律事務所で無料相談を受けてみて、比較をすることがおすすめです。実力のない弁護士にあたってしまうと、100%の過払い金が取り戻せないかもしれません。

司法書士にいろんな過払いを相談

常にシンプルな過払いだけではないので、特殊なケースこそ司法書士に相談するといいでしょう。司法書士に相談したい場合としては、過払いだけでなく借金が深刻な状態となっている場合がまず考えられます。これは早急に解決する事が必要でしょう。

また、時効が過ぎた過払いを司法書士に相談して何とかしたい人もいる様ですが、可能性はかなり低くなるそうです。また、倒産している会社に過払いを請求するという事は、司法書士でも厳しいと考えられます。過払いにはいろんなケースがありますので、司法書士に聞いてみる事によって、何らかの答えが得られる事もあるでしょう。答えを知ると納得できる事もあるかと思われます。

過払い請求は個人より弁護士を通じてのほうが効率的

過払い請求のコマーシャルが多くなっています。これは以前はグレーゾーン金利と呼ばれる、法律上も曖昧であった貸金業の貸付金利について、最高裁判所での判断が確定し明確になったことで過払い請求の要件が明確になったことによります。

しかし、個人での交渉はなかなか進まないことも依然としてあり、適正な請求や処理の仕方などは個人で行うとなかなか難しい面もあります。弁護士はその資格と経験などからもこのような交渉に慣れていると同時に、請求された側にも弁護士が交渉相手となると過払い請求に応じざるを得ない状況となり、交渉はスムーズに進むことが多いです。

自己破産後の過払い金請求について

自己破産の準備中に過払い金があることが分かった場合は自己破産の申し立て前に過払い金の回収を終わらせ、その一部を破産申立書の費用や最低限の生活費、税金などの支払いにあてることができます。過払い金を事前に回収せず破産申立をし、その合計金額が30万円をこえている場合には申立ができない事例もあります。

また申し立て費用がないために破産申し立てができない場合があります。費用の負担ができない場合は有効な方法を相談すると費用の捻出ができます。借入金の返済の見込みがない場合は、手続きできる最適な方法をさがすことがポイントです。

司法書士でも可能な過払い請求

借金を抱える方にとって、返済の方法と共に問題となるのが過払い金の存在です。これまで長期に渡って借金の返済を続けてきた方が、利息分として支払いすぎているお金が存在していることもあり、請求手続きを行うことによって、手元へお金が戻ってくるケースも多く見受けられます。

個人でどのように対応すれば良いのか分からない時、また戻ってくるお金があるのかどうか知りたい時など、司法書士をはじめとする法律専門家へ相談する方も多く存在しています。

あまり多額でない借金の場合は、取り扱われている業務が多く、過払い請求についての無料相談なども行われています。

過払いに関する記事